例えば,国土地理院の数値標高データ5mでは海水部・陸水部に欠損値「-9999」が割り当てられているそうです.計算メッシュ作成の際には要注意です.