学生募集のご案内

2022年5月21日更新

新型コロナウイルスの影響で急な変更が予想されます.最新の入試情報をご確認ください.
2022年8月入試の英語はTOEFL iBT (TOEFL iBT Special Home Edition可)のスコアシート提出が必須です(専攻web

大学院修士課程または博士課程への入学を希望する学生さんを募集しています.当研究室は社会文化環境学専攻に所属しています.また,GPSS-GLIを兼務しております.下記の通り入試説明会が開催されますので,多少とも興味があればご参加ください.

2023年度入試の入試説明会

終了しました.2022年5月21日更新

  • 2022年5月8日(日)12:45-15:30 オンライン開催
  • 5月6日(金)までに事前申込が必要です.こちら から申し込んでください.

研究室訪問や個別のご相談も出願期間前までは随時お受けしていますので,メール でお問い合わせください.

佐々木研究室は現在高知工科大学長をされている,磯部雅彦名誉教授の研究室を引き継ぎ,2013年4月に開設されました.学部を持たない独立大学院研究科ですので,東京大学出身以外の方が多く進学しています.これまで私の研究室(前職の横浜国立大学時を含む)で受け入れた日本人学生の出身大学を挙げますと,金沢大学,九州大学,群馬大学,芝浦工業大学,東京大学,東京海洋大学,東京電気大学,東京理科大学,日本大学,日本女子大学,山口大学,横浜国立大学等,多岐にわたります.また,学部での分野は土木工学,建築学,海洋物理学,水産学,環境学,情報学等,幅広い分野の学生を受け入れています.出身大学や分野にかかわらず,沿岸域や内湾の環境・防災・利用等に関わる研究に興味と熱意のある学生さんを歓迎します.また,社会人の方,生涯学習として研究したい方で,ご自身の研究テーマをお持ちの方を歓迎いたしますので,まずはメールでご相談ください.

博士課程について

博士課程をご希望の方は事前にご相談ください.博士課程の経済的支援が充実しています.以下にご紹介します.

SPRING GX

「グリーントランスフォーメーション(GX)を先導する高度人材育成」プロジェクト(SPRING GX)が2021年秋から始まりました.東京大学大学院博士課程学生約600名を経済的に支援する(月額18万円)プログラムです.当研究室でも採用実績があります.

国際卓越大学院教育プログラム

東京大学大学院では国際卓越大学院教育プログラムが実施されています.新領域創成科学研究科に特に関わりが深いプログラムが「プロアクティブ環境学国際卓越大学院プログラム」( WINGS-PES)です.これは 修士・博士5年一貫プログラム で,修士課程入学後に希望者が応募し,採択されますと月額18万円を上限とした経済的支援が受けられます.

また,2018年度より未来社会空間の創成国際卓越大学院にも参画しています.

その他の支援

不定期ですが,日本学術振興会特別研究員に応募し,不採択の場合に,奨励金を支給することがあります.博士課程進学希望者は修士課程のときから日本学術振興会特別研究員に応募することをお勧めします.

卒論指導について

佐々木研究室では学部の卒業論文指導(1名)も担当しております.希望される学生さんは東京大学工学部社会基盤学科に進学し,「水圏環境グループ」を志望してください.社会基盤学科は本郷キャンパスにあり,佐々木研究室は柏キャンパスにありますので,具体的な指導の方法について少し説明したいと思います.

学生さんの居室は柏キャンパスの佐々木研,または本郷キャンパスの社会基盤学科海岸研または河川研の中から学生さんの希望を尊重して決めます.本郷キャンパスの研究室を居室とする場合は本郷にて面談指導を行います.