PowerPointスライドの画像保存の高解像度化

Table of Content

PNGでの保存は 96dpi で粗い

Windows 10 Pro で Microsoft Office 2016 の PowerPoint のスライドを PNG 等で画像保存(エクスポート)すると,デフォルトでは 96dpi で出力され,論文等に張り込む図面としては解像度が低すぎます.これを高解像度化する方法がこちらに紹介されていましたので,そのまとめです.PNGやJPEG等のすべての画像エクスポートに共通です.

レジストリエディタの編集

レジストリエディタを操作しますので,間違えると最悪Windowsが壊れるかもしれません.起動中のすべてのソフトウエアを閉じてから,慎重に作業をします.

  1. 「スタートボタン」を右クリックし,「ファイル名を指定して実行(R)」の「名前ボックス」に regedit と入力し,「OK」をクリックする
  2. レジストリサブキーの「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\PowerPoint\Option」へ移動する(16.0 はOfficeのバージョンです)
  3. Options をクリックし,「編集メニュー」の「新規」をクリックし,「DWORD(32ビット)値」をクリックし,ExportBitmapResolution と入力し,「Enterキー」を押す
  4. ExportBitmapResolution が選択された状態で,「編集メニュー」の「修正(M)」をクリックする
  5. 「表記」で 「10進数(D)」を選択し,「値のデータ(V)」に設定したい解像度を dpi値 で入力する(300 dpi がよいでしょう)
  6. 「OK」をクリックし,「ファイルメニュー」の「レジストリエディタの終了(X)」をクリックする

PowerPointスライドを画像として保存

パワーポイントで,画像として保存したいスライドファイルを開きます.スライドページが複数あるときは,ページを指定して保存することも,すべてのページを一括で出力することもできます.一括出力の場合は拡張子を除いたファイル名のフォルダが作成され,その中に「スライド1.PNG」といった,ページ毎の画像ファイルが保存されます.
「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」をクリックし,「参照」をクリックします.「名前を付けて保存」ダイアログボックスが開きますので,「ファイルの種類(T)」をクリックして,画像出力形式を選択します(文字や図面は PNG,写真は JPEG がお勧め).
「ファイル名(N)」を入力し,保存するフォルダを指定してから,「保存(S)」をクリックします.複数ページの場合は対応方法を聞かれますので,方法を選択して進めます.
「保存(S)」の左にある「ツール(L)」で解像度変更ができるように見えますが,効かないようでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください