NCO (Python) による NetCDF (Windows版でOPenDAPに失敗)

Table of Content

おことわり

2020年5月30日に Windows 版の Anaconda Prompt で NCO をインストールし,OPenDAP を利用しようとしました.以下のようにやってみましたが,OPenDAPの動作がおかしく,毎回Windowsの再起動が必要となる致命的な問題に遭遇しましたので,NCO を Windows 環境で使用することは止めることにしました.以下は記録として残しておきます.

NCOとは

NCO はNetCDFをハンドリングするためのツールです.元々はコマンドラインツールですが,本記事では Python から使えるようにしたパッケージを紹介します.
Windows 10 Pro の Miniconda で動作確認しています.

インストール

conda-forge からインストールします.

$ conda install -c conda-forge nco

しかし,これは Python のパッケージではなく,ターミナルのコマンドラインで実行するスタンドアローンのプログラムです.Pythonのパッケージとしては pynco があります.Windows 環境では未テストとのことですが,特に問題は見られませんでした.

$ conda install -c conda-forge pynco

使い方

最初にインスタンス nco を作った後,コマンドラインで使用するのと同じ NCO のコマンドが nco のメソッド(nco.method())として利用可能です.

インスタンス nco を作る

from nco import Nco
nco = Nco()

nco のメソッドの例

ファイル情報を取得
ncdump_string = nco.ncdump(input=infile)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください