APNG アニメーション (APNG Assembler CUI版)

Table of Content

GIFアニメーションが古くから一般的ですが,近年ではAPNGアニメーションがChromeをはじめ,最新の主要なブラウザでサポートされているようです.APNGを作成するソフトとしては,APNG Assembler (apngasm)が定番です.WindowsにはGUI版もあるようですが,Linux環境との一貫性から,CUI版を用いた作成方法を備忘録としてまとめます.

インストール

こちらのサイトファイル一覧から適切なファイルをダウンロードします.Windows64ビットCUIバイナリ版はapngasm-2.91-bin-win64.zip,Linux CUIバイナリ版はapngasm-2.91-bin-linux.zipです.Ubuntuでは[cci]sudo apt install apngasm[/cci]でもインストールできるようですが,管理者権限のない,スーパーコンピュータではバイナリ版を利用します.
ダウンロードしたら解凍し,PATHの通ったディレクトリにコピーします.

アニメーションの作成

WindowsまたはLinuxのコマンドプロンプトを立ち上げます.アニメーション作成に用いるPNGファイルが連番で,[cci]frame000.png[/cci],[cci]frame001.png[/cci]のように作成済みとします.出力ファイルを[cci]animation.png[/cci]として,アニメーションを作成します.
[cc]
apngasm64 animation.png frame*.png 1 4
[/cc]
ただし,pngファイル名以降の引数がオプションで,[cci]1 4[/cci]はフレームレートが[cci]4fps[/cci](あるいは[cci]1/4 s[/cci])であることを意味します.以下にオプションリストを示します.
[cc]
1 10 : frame delay is 1/10 sec. (default)
-l2 : 2 loops (default is 0, forever)
-f : skip the first frame
-hs## : input is horizontal strip of ## frames (example: -hs12)
-vs## : input is vertical strip of ## frames (example: -vs12)
-kp : keep palette
-kc : keep color type
-z0 : zlib compression
-z1 : 7zip compression (default)
-z2 : Zopfli compression
-i## : number of iterations (default -i15)
[/cc]

アニメーションの表示

Chromeで開くのが一番簡単です.WindowsでCドライブ以下のフォルダに[cci]animation.png[/cci]が存在する場合は,以下のようにそのファイルを指定して開けばアニメーションが見られます.
[cc]
file:///C:/home/output/png/animation.png
[/cc]

パワーポイントへの挿入は?

残念ながら,PowerPoint2016ではAPNGのアニメーションとしての挿入はできませんでした(最初のフレームの静止画として挿入).WMV等の形式に変換することで挿入できました.Convert video files onlineで変換可能です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください