Pythonで日付時間を扱う(datetime)

Table of Content

時系列データ等で日付や時間を扱うには必要なモジュールを読み込みます.parseは文字列適当に解釈してdatetime.datetime型にします.
[cc]
In [1]: from datetime import datetime

In [2]: from dateutil.parser import parse

In [3]: ymd=parse("2016-11-23")

In [4]: ymd
Out[4]: datetime.datetime(2016, 11, 23, 0, 0)
[/cc]
時分秒も併せて設定できます.
[cc]
In [5]: ymdhms=parse("2016-11-23 21:10:03")

In [6]: ymdhms
Out[6]: datetime.datetime(2016, 11, 23, 21, 10, 3)
[/cc]
逆に,datetime.datetimeから日付時間の文字列を抽出するにはstrftimeメソッドを使います.
[cc]
In [7]: ymdhms.strftime('%Y-%m-%d_%H:%M:%S')
Out[7]: '2016-11-23_21:10:03'
[/cc]
ここで,%で始まる書式には様々なものがあります.主要なものは以下の通りです.

日付と時間の書式
書式 内容
%Y 4桁の年
%m 2桁の月[01-12]
%d 2桁の日[01-31]
%H 時間(24時間)[00-23].[01-24]ではないことに注意
%M 2桁の分[00-59]
%S 2桁の秒[00-61].60と61はうるう秒を考慮したもの.
%b 月の省略形[Jan-Dec]
%B 月の完全形[January-December]
%F %Y-%m-%dの短縮形.例:2016-8-23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください