SQLiteのデータベースのファイル名をmpos_S.sqliteとし,含まれるテーブル(エクセルのシートを思いうかべればよいでしょう)をmpos_Sとし,mpos_Sにはカラム(列)データが含まれているとします.例えば,水温データのカラム名をtpとしますと,このカラムtpには水温データが含まれています.Pythonからハンドリングするため,sqlite3をインポートしておく必要があります.
最初にデータベースに接続し,カーソルcurを取得します.

>>> import sqlite3
>>> conn = sqlite3.connect('mpos_S.sqlite')
>>> cur = conn.cursor()

カラム情報を調べます.

>>> cur.execute("PRAGMA TABLE_INFO(mpos_S)")  ### テーブルmpos_Sのカラム情報を取得
>>> cols = cur.fetchall()  ### 1つのカラム情報は6要素を含むタプルで,複数のカラム情報のリストが得られる
>>> print(cols)

カラム名だけを抽出するには2番目の要素だけをリスト内包表記で抽出します.

>>> print([item[1] for item in cols])

カラム名がtpの値だけを抽出します.複数のカラムを抽出するには,カンマで区切って並べます.

>>> cur.execute("SELECT tp FROM mpos_S")  ### tpはカラム名,mpos_Sはテーブル名
>>> val = cur.fetchall()  ### 値を含むタプルのリストとして抽出される
>>> print(val)

全カラムのデータを抽出します.

>>> cur.execute("SELECT * FROM mpos_S")  ### *は全カラムを意味.mpos_Sはテーブル名
>>> val = cur.fetchall()  ### レコード毎の全カラムの値を含むタプルのリストとして抽出される
>>> print(val)

処理が終わったらデータベースを閉じます(必須).

>>> cur.close()
>>> conn.close()