Ubuntu 20.04 LTS における Intel oneAPI (Intel Fortran) のインストール

Table of Content

数値計算を目的に,Intel C コンパイラと Intel Fortran コンパイラを利用するため,Windows 10 Pro の WSL2Ubuntu 20.04 LTSIntel oneAPI Base ToolkitHPC Toolkit (Intel Fortran) をインストールしたときの備忘録です.こちら を参考にさせていただきました.
Intel コンパイラが無償で利用できるようになりました.また,apt でインストールできますので,大変便利です.

必要要件ドライバのインストール

こちらを参考に必要要件のドライバをインストールします.

# Add package repository
sudo apt-get install -y gpg-agent wget
wget -qO - https://repositories.intel.com/graphics/intel-graphics.key | sudo apt-key add -
sudo apt-add-repository 'deb [arch=amd64] https://repositories.intel.com/graphics/ubuntu focal main'

# Install run-time packages
sudo apt-get update
sudo apt-get install intel-opencl-icd intel-level-zero-gpu level-zero intel-media-va-driver-non-free libmfx1

# OPTIONAL: Install developer packages
sudo apt-get install libigc-dev intel-igc-cm libigdfcl-dev libigfxcmrt-dev level-zero-dev

この後に以下のGPU関連の設定が書かれていましたが,GPUがありませんので,無視しました.

stat -c "%G" /dev/dri/render*
... # for GPU

Intel oneAPI のインストール

ユーザとrootがアクセス可能なディレクトリ /tmp で作業を行います.

cd /tmp
wget https://apt.repos.intel.com/intel-gpg-keys/GPG-PUB-KEY-INTEL-SW-PRODUCTS.PUB
sudo apt-key add GPG-PUB-KEY-INTEL-SW-PRODUCTS.PUB
rm GPG-PUB-KEY-INTEL-SW-PRODUCTS.PUB

echo "deb https://apt.repos.intel.com/oneapi all main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/oneAPI.list
sudo apt update

インストールする パッケージ を指定します.ここでは Base ToolkitHPC Toolkit をインストールします.Base Toolkit はとても時間がかかりました.

sudo apt install intel-basekit
sudo apt install intel-hpckit

インストール先は /opt/intel/oneapi です.

Intel コンパイラ利用の設定

Intel コンパイラを利用するには,以下を実行します.これを,~/.bashrc に追記しておくと,毎回実行する手間が省けます.

source /opt/intel/oneapi/setvars.sh

コンパイラのバージョンを確認しましょう.

ifort --version
icc --version
icpc --version

condaでPython環境を構築する場合

Miniconda等をインストールしする場合はIntelのPythonと競合しますので,.bashrcの最後に以下を追記しておきます.

export PYTHONPATH=""

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください