東京湾再生官民連携フォーラム・生き物生息場つくりプロジェクトチームの活動

Table of Content

東京湾再生官民連携フォーラム生き物生息場つくりプロジェクトチームは,東京湾北部沿岸におけるマコガレイ産卵場の底質改善の検討を行い,2016年2月に同フォーラムから東京湾再生推進会議に対して政策提案を行いました.

2019年5月には本政策提案が事業として実現の運びとなり,2019年12月の現地調査でその有効性が検証され,その成果が2020年2月にプレス発表(国土交通省関東地方整備局千葉港湾事務所および同フォーラム)されました.2020年5月にも同事業が継続して実施されました.

COVID-19のため,2020年度の東京湾大感謝祭はオンライン開催となりましたが,生き物生息場つくりプロジェクトチームでは,官民連携の取り組みによる,政策提案のアイデアの醸成,政策提案の実現,および社会実装の実現に至る過程を動画コンテンツにまとめました.

本取り組みは我が国の官民連携による沿岸環境再生のさきがけと言えるものであり,当プロジェクトチームの活動にご尽力頂いたみなさまに感謝申し上げますとともに,活動の趣旨に賛同頂ける方のご参加をお待ち致しております.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください