HYCOM データのダウンロードと可視化

Table of Content

HYCOM データベースは海洋流動モデルの開境界条件等にしばしば用いられる,海洋再解析データセットです.このデータのハンドリングツール xhycom を作成しました.OPeNDAPによるNetcdfデータのダウンロードと可視化処理を簡便に行うものです.Netcdfのハンドリングには xarray を用いています.可視化は matplotlib による静止画と時系列動画,および hvPlot による対話型の可視化機能を有しています. xhycom にある Jupyter Notebook が使い方の参考になると思います.
可視化では微調整のやりやすさと速度面からはmatplotlibが優れており,印刷物向けによいと思います.一方,hvPlotは手軽に対話型の可視化ができますので,値の確認や現象の理解に便利ですが,やや遅いです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください