G Suite 共有ドライブを Windows PC(ローカル)にマウント

Table of Content

背景

東京大学大学院新領域創成科学研究科では FApps が導入されており,G Suite の共有ドライブ(shared drive,以前はteam driveと呼ばれていました)上のデータにWindows 10 Pro ローカルの Python から PyDrive でアクセスする方法を検討していました.しかし,web で得られる情報通りには行かず,失敗に終わりました.おまけに conda でインストールした PyDrive のアンインストールにも失敗しました(固まる).最近,共有ドライブのデータにアクセスする方法として,Google ドライブファイルストリームで,Google 共有ドライブをローカルにマウントする方法があることを知りました.

Google ドライブファイルストリーム

FApps のアカウントでログインし,Google ドライブを開きます.マイドライブと共有ドライブがありますので,これらをローカルにマウントします.これはマウントでローカルへのファイルコピーは発生しませんので(同期する方法もあるようです),ローカル PC のディスクはほとんど食いません.
設定のアイコンをクリックし,「デスクトップ版ドライブをダウンロード」をクリックし,説明に従って,Windows アプリとしてインストールします(MACでもできるようです).

file

Windows Gドライブとしてマウント

インストールが成功すると,WindowsのGドライブ(Google Drive File Stream)が現れ,その中にマイドライブと共有ドライブのフォルダが存在していました.それぞれのフォルダを見ると,確かにGoogleドライブと同じフォルダやファイルが存在していました.もちろん大きなファイル等はアクセスに時間がかかります.

file

Python からGoogle ドライブのファイルにアクセス

ローカルにマウントされた Google ドライブのファイルに Python からアクセスします.Google ドライブのマイドライブと共有ドライブ内にテキストファイルtest_google_drive.txtを用意し,それを Windows の Jupyter Notebook で読み込んでみます.

f1path = "G:/マイドライブ/test_google_drive.txt"
with open(f1path) as f:
    s = f.read()
    print(type(s))
    print(s)

f2path = "G:/共有/Jun Sasaki/test_google_drive.txt"
with open(f2path) as f:
    s = f.read()
    print(type(s))
    print(s)

両方とも以下のような結果が得られ成功しました.

<class 'str'>
Hello World1
Second line
EOF

非常に簡単にWindowsのPythonからGoogleドライブのファイルにアクセスできることが分かりました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください