バングラデシュ沿岸域の地下水の塩水化と付随する地下水汚染リスクが飲料水の脆弱性を高めている

Table of Content
バングラデシュは気候変動,海面上昇,浸水,塩水の侵入に対して最も脆弱なデルタの一つです.地下水の塩水化は沿岸地域社会の家庭の水の安全性に対する深刻な脅威になりつつあります.私たちの研究では地下水は塩分遡上によってひどく汚染され,さらに付随した地下水汚染により飲料水の環境基準を満たしておらず,飲料水としてまったく不適切であることが分かりました.バングラデシュ沿岸域ではほとんどすべての人々が地下水を主な水源としています.そのため地下水の汚染は将来の持続可能な飲料水の安全と公衆衛生の問題に対する大きな懸念となっています.

塩分に汚染された地下水(左)と家庭での安全な水の確保のための雨水貯留

Publication

Rakib, M.A., Sasaki, J., Matsuda, H., Quraishi, S.B., Mahmud, M.J., BodrudDoza, M., Ullah, A.A., Fatema, K.J., Newaz, M.A., Bhuiyan, M.A.H. Groundwater salinization and associated co-contamination risk increase severe drinking water vulnerabilities in the southwestern coast of Bangladesh. Chemosphere, 246, 125646, 2020. DOI
Click on here for free access until February 14, 2020.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください