Fortran数値計算(2)

Table of Content

1次元拡散方程式の陽解法による差分解を求める.最終的には,以下のような形式の出力ファイルoutput.dat(結果は具体的な問題によって当然異なる)を作成する.第1カラムは0から1までの範囲のx座標を表している.第2カラムは各x座標値における差分解である.指定した時間ステップごとに空行で区切って出力させることで,時系列的な振る舞いが分かる.

   0.0000000000000000        0.0000000000000000     
  0.10000000000000001       3.92465431100578999E-005
  0.20000000000000001       3.91828587111736062E-004
  0.30000000000000004       3.44220479390756244E-003
  0.40000000000000002       2.64704695943494411E-002
  0.50000000000000000       0.17547320286309692     
  0.60000000000000009       0.98352430102447430     
  0.70000000000000007        4.5475871302402018     
  0.80000000000000004        16.807394091534587     
  0.90000000000000002        47.744539090890250     
   1.0000000000000000        100.00000000000000     

   0.0000000000000000        0.0000000000000000     
  0.10000000000000001       5.05663512633693340E-003
  0.20000000000000001       2.60162601083677308E-002
  0.30000000000000004       0.11717242789723165     
  0.40000000000000002       0.47087278924773501     
  0.50000000000000000        1.6728136730832914     
  0.60000000000000009        5.1943884636998110     
  0.70000000000000007        13.925882868230024     
  0.80000000000000004        31.841332684209647     
  0.90000000000000002        61.485787657631555     
   1.0000000000000000        100.00000000000000     

     

これをgnuplotを用いて図示しよう.空行を入れるのがポイント(教科書p. 231参照).

gnuplot> plot "output.dat" using 1:2 with lines

gnuplot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください