WSL Ubuntu ターミナルの文字色設定の変更

Table of Content

Windows 10 pro の WSL2 Ubuntu 18.04LTS のターミナルの文字色が一部見づらいと感じていました.そこで文字色をカスタマイズします.

Windows Terminal のインストール

Microsoft Store からインストールします.インストール時にスタートに登録しておきます.

Windows Terminal の起動

StartメニューからWindows Terminal を起動するとWindows PowerShell のターミナルが立ち上がります.そのタブの右横の「+」の右にある下向き記号をクリックするとメニューが現れます.

そのメニューの「設定」をクリックし,以下のように編集("colorScheme": "One Half Dark", を追記)し,保存します.

{
    "guid": "{c6eaf9f4-32a7-5fdc-b5cf-066e8a4b1e40}",
    "hidden": false,
    "name": "Ubuntu-18.04",
    "colorScheme": "One Half Dark",
    "source": "Windows.Terminal.Wsl"
},

dircolors による設定

Windows Terminalとは別に,環境変数 LS_COLORS の設定を dircolors を用いて行うことができます.

設定ファイルを出力

ホームディレクトリで現在の設定が記述されたファイルを出力します.

dircolors -p > ~/.dircolors

作成された .dircolors をエディタで開き,編集します.ここでは例として,Windowsのフォルダが見づらいので,以下のように数値を変更し保存します.

DIR 01;36 # directory
LINK 01;32 # symbolic link. (If you set this to 'target' instead of a  

OTHER_WRITABLE 01;36 # dir that is other-writable (o+w) and not sticky

.bashrc の編集

.bashrc をエディタで開き,追記し,保存します.

eval $(dircolors -b ~/.dircolors)

ターミナルを立ち上げなおすと色が変更されています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください