秀丸エディタのカスタマイズVZ like + TeX

Table of Content

秀丸エディタを以前使っていたVZエディタ(あるいはWZエディタ)に近づける方法とTeXとの連携方法についての備忘録です.

VZ likeにするにはVZ化マクロ集を入れよう

ここのサイトから秀丸VZ化マクロ集をダウンロードします.秀丸マクロのフォルダーに展開します.

秀丸を立ち上げ,メニューの「マクロ」→「マクロの登録」ですべて登録しておきます.

「その他」→「キー割り当て」で登録したここのマクロにキーを割り当てます.たとえば,Ctrl+Yをvz_cut(コマンドの「メニュー/マクロ」にあるはず)に割り当てます.ツーストロークキーの場合(例:Ctrl+KK)はまず,「その他」→「メニュー編集」→「ユーザーメニュー」でCtrl-Kを設定し,次にツーストローク目(例ではK)とその内容(例ではvz_copy.mac)を設定します.

うまくできたら,「その他」→「設定内容の保存/復元」で設定内容を保存しておきましょう.他のマクロを入れるなどして動作がおかしくなったら保存した設定内容を復元することで元に戻せます.

TeX用にカスタマイズするには祝鳥マクロを入れよう

ここのサイトを参照してインストールしましょう.インストールの説明で「秀丸に不慣れな人」に従い,デフォルトでインストールすると上書きされてVZ likeの環境が消滅してしまいます.ですので,ここは慎重に行きましょう.私はとりあえずコンパイルとプレビューができれば十分だったので,以下のようにしました.

メニューの「マクロの登録」でfortex.macを登録します.

「その他」→「キー割り当て」でキー「Ctrl+O」をコマンドのメニュー/マクロのfortexマクロに割り当てます.どのキーを割り当てるかは好みと環境に依存します.

このようにしますと,Ctrl+OでTeXマクロのメニューが立ち上がります.また,コンパイルしてプレビューするには,Ctrl+O, T, Pです.

なお,64bitのWindowsの場合はここにある,macrodll.dll(x64)をダウンロードし,元々の32bit用のものと入れ替える必要があります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください