FVCOM Compile using Intel Fortran 11 on HA8000 Serial

Table of Content

少しはまりました.ポイントはCプリプロセッサとしてGNUのものを使うことでした.まず,Intel Fortranを使えるようにオプションも含めてHA8000の.bashrc_profileを適切に設定しておきます.あとはmakefileのIntel Compiler Definitionsにおいて,

  • CPP = gcc ?E
  • CPPFLAGS = $(DEF_FLAGS)

とし,他はコメントアウトしておけば十分でした.IntelのCプリプロセッサでは途中で止まりどうしてもだめでした.

以前,WRFをコンパイルしたときに,CPPとしてはIntelのものを使い,以下のフラグを設定していました.今回GNUで以下のフラグの場合も試しましたが,問題なくコンパイルできました.フラグの勉強をしたいのですが,何かよい資料はないでしょうかね.

  • CPPFLAGS = ?DpgiFortran
Technorati タグ: ,,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください