東大情報基盤センターのスパコンHA8000にWRF3.0.1.1をインストールしようとしたときのメモです.結局,NetCDFのmakeでエラーが出てだめでした.

ライブラリのインストール

まず最初に,GRIB2をサポートするにはJasPer,libpng,zlibが必要です.ここを参照して確認およびインストールをします.

  • zlib: /usr/libと/usr/includeにそれぞれlibz.aとlibz.hが存在することを確認しましたので,HA8000にはインストール済みです
  • libpng: /usr/libと/usr/includeにそれぞれlibpng12.so.0およびpng.hが存在することを確認しましたので,HA8000にはインストール済みです.
  • JasPer: これはインストールされていないようなので,以下でインストールします.

ここからダウンロードしたら,以下の手順でインストールします.ここも参考になります.

  • $ unzip jasper-1.900.1.zip
  • $ cd jasper-1.900.1
  • $ ./configure –prefix=/home/**ID**/usr  #絶対pathが必要
  • $ make
  • $ make install
  • $ export JASPERLIB=~/usr/lib
  • $ export JASPERINC=~/usr/include

exportの部分は.bashrcに記述しておくのがよいでしょう.

NetCDFのインストール

UnidataのHPからnetcdf-4.0.tar.gzをダウンロードし,適当なディレクトリで展開します.なお,以下ではHitachiデフォルトのコンパイラを用います.

  • $ tar -xvzf netcdf-4.0.tar.gz
  • $ cd netcdf-4.0
  • $ export CC=cc
  • $ export F77=f90
  • $ ./configure -disable-cxx –prefix=/home/**ID**/usr/local/netcdf-4.0
  • $ make

しかし,makeに失敗しました.native compilerでのインストール方法をご存じの方がおられましたら,是非お教えください.

Technorati タグ: ,