Vzエディタ以来,ダイアモンドカーソルに慣れすぎてしまい,秀丸をはじめできる限りキー配置をダイヤモンドカーソルに変更してきました.また,WinFDというファイラを愛用してきましたが,これもダイヤモンドカーソル対応で非常に重宝してきました.最近,PCを新調したところ,Windows8.1ではWinFDの動作が今ひとつおかしく,ついに,WinFM2008の試用を始めました.ところが,winFM2008のキーアサインには矢印キーを割り当てることができませんでした.しかし,そのヘルプをよく読むと,ダイアモンドカーソルという用語があり,いろいろ調べてみると,AutoHotKeyを使えば,ソフトにかかわらずキーアサインを自在に変更できることが分かりました.おかげで,WordでもWordpressでも何でもVz時代とほぼ同じカーソル操作ができるようになり,非常に快適になりました.もちろん,CtrlとCapsLockは元々入れ替えています.

AutoHotKeyのインストール

ここからダウンロードし,ダブルクリックでインストールします.

Scriptファイルの作成

デスクトップで右クリックし,「新規作成(X)」→「AutoHotKey Script」をクリックするとテキストファイルが立ち上がります.これに適当な名前を付け,拡張子をahkにしてデスクトップに保存します.

このテキストファイルに次のように入力します.

^h::send, {BS}
^g::send, {Del}
^e::send, {Up}
^x::send, {Down}
^d::send, {Right}
^s::send, {Left}

Scriptの実行

作成したテキストファイルをダブルクリックすると実行できます.何かソフトを立ち上げて,ダイヤモンドカーソルが実現されたか確認しましょう.