2019年9月4日から9日までミャンマーのヤンゴンとチャオピュー,およびYambeマングローブ沼地に出張します.ミャンマーは初めての訪問です.旅行情報を更新していく予定です.

キャセイパシフィック

旅程は,CX509 NRT/HKG 9:15/13:10,KA254 HKG/RGN 14:20/16:10でした.香港デモの影響で乗客は少ないかと思いましたが,どちらもほぼ満席に近い状態でした.CX509には電源がありましたが,KA254にはありませんでした.機内WiFiサービスはどちらもありませんでした.香港国際空港での乗り換えは非常に遠く,サテライトまでバス移動(距離はすぐですが)もありました.サテライトにはラウンジはありませんでした.

入国審査

入国カードはありませんでした.パスポートと帰りの航空券e-ticketを提示するだけでした.

両替

WEBで集めた情報をまとめます.両替は米ドルが標準ですが,日本円の両替ができるところもあります.両替の紙幣は新紙幣のピン札(100ドルまたは50ドル)が必須です(そうでないと,レートが悪くなったり,両替拒否される).クレジットカードによるATMキャッシングも一般的で,手数料1回500円程度かかりますが,レートはまずまずです.ただし,クレジットカードの吸い込み(戻らない)等のトラブルもあるようです.

  • ヤンゴン国際空港(到着ロビー右側の扉から出る)では,G.moneyで日本円の両替可(レートは悪い)
  • クレジットカードによるATMキャッシングでは,KBZ BANKが手数料安い(360円程度)
  • ヤンゴン市内では,White Bayで日本円から両替可(日曜祝日を除く9:00-18:00)

9月4日に実際に空港で両替しました.100USD紙幣(ピン札)のレートは銀行により152,000から152,800チャットでした.税関を抜け,一番右(少し遠い)にある銀行のレートが一番よかったです.ダウンタウンでも確認しましたが,空港のレートはよいと感じました.日本円の両替表示は無かったですが,レートを聞いたところ,1万円が120,000チャットとのことで,非常にレートが悪いです.また,KBZ銀行のATMのキャッシングを試みようとしましたが,2カ所とも一時的に使えないとの表示で,実行できませんでした.ピン札100USDの準備は必須と感じました.

SIMカード

データ用SIMカードはTelenorがミャンマー全土をカバーしており,おすすめです.ヤンゴン国際空港の税関を出てすぐの5番出口付近にあります.現金(チャット)が必要です.ooredooはカバーエリアが狭いですが,ヤンゴン市内なら通信速度が速いそうです.
9月4日に空港で実際に購入しました.Telenorの7GBが11,000チャットだったかと思います.設定もやってもらえました.

空港からホテルへタクシ-で移動

ダウンタウンにある,Best Western Chinatown Hotelまでタクシ-を利用しました.到着ロビー6番出口から出て,道路を渡った正面にタクシ-カウンターがあります.客引きが多いですが,振り切りました.12,000チャットでした.夕方5時頃ですが,大渋滞で2時間近くかかりました.地球の歩き方【ミャンマー」p.30に「所要約30~40分、日中~夜は約1時間30分~2時間」との記載がありますが,納得です.

参考資料

  1. 【2019年】ミャンマーでの両替の種類・注意点と最もお得な現地通貨の入手方法とは?,ぐちをぶろーぶ
  2. 【2019年】ミャンマーSIMカード3社の料金や特徴を詳しく解説【旅行ならtelenorが1番おすすめです】,ぐちをぐろーぶ
  3. ミャンマー両替|日本円からチャットへお得に両替する方法は?ヤンゴン空港でもできる?,たびハック
  4. ミャンマー】ヤンゴン空港で携帯のSIMを買うならTelenorがおすすめ。チャージ方法も。,たびハック