岡田・古川(2005)の東京湾含水比map画像をGoogle Earth Proに重ねる方法です.最適な方法かはまだよくわかりませんが,以下のようにすると大体重なります.

  1. QGIS2.2を立ち上げ,「ラスタ」の「Georeferencer」を立ち上げます.
  2. 「ファイル」の「ラスタを開く」で画像を読み込みます.その際,空間参照システムとして「WGS84 / UTM zone 54N」を選ぶのがよさそうでした.
  3. 「編集」→「ポイントの追加」でポイントとその経度,緯度を指定します.これを全体がカバーされるように複数回繰り返します.
  4. 「設定」→「変換の設定」において,上から順に「多項式1」,「最近傍」,「NONE」を選びます.出力ラスタには変換後のファイル名を入力します.ターゲットSRSはWGS84を選びました.これがベストかどうかは不明ですが.
  5. 「ファイル」→「ジオリファレンスの開始」でGeoTIFF画像が生成されます.
  6. Google Earth Proの「ファイル」→「インポート」において,作成したGeoTIFFファイルを読み込むと自動的にoverlayされます.透過度を指定することも可能です.