第19回東京湾シンポジウムが下記の通り開催されます.参加者募集中です.

第19回東京湾シンポジウム-沿岸域の環境改善に向けた新しい技術・考え方-
2018年10月18日(木)13:00~17:30
場  所 : 横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル2F 大さん橋ホール
申込締切 : 2018年10月15日(月)

プログラム
<第1部>

佐々木 淳(東京大学)
 「ブルーカーボンの可能性と社会実装への展開」
高山百合子(大成建設)
 「環境DNAを活用した新しい海草モニタリング手法に向けた取り組み」
比嘉紘士(横浜国立大学)
 「人工衛星データによる沿岸環境モニタリング技術の現状と今後の展望」
山北剛久(JAMSTEC)
 「機械の目による底生生物とアマモ場の抽出」
秋山吉寛(国土技術政策総合研究所)
 「沿岸の生物や物質の分布・移動を把握に役立つ情報源-寄生虫,耳石,糞」

休憩&ポスターセッション

<第2部>

坂下智宏(東京都港湾局)
 「東京2020大会に向けた海上公園の取組」
野口孝俊(国土交通省関東地方整備局)
 「内陸起源の発生土を活用した東京湾の底質改善」
和田雅昭(公立はこだて未来大学マリンIT・ラボ)
 「沿岸漁業と環境計測」
小坂真理(慶應義塾大学)
 「沿岸域の環境改善とSDGs」

詳細はこちらをご参照ください.