当研究室D1のRakibさんの以下の論文が国際誌Journal of Envoronmental Management (Elsevier)に採択されました.バングラデシュ南西部沿岸域での塩害の深刻化やそれによる住民の健康被害が広がっていることを現地調査により明らかにしました.また,複数の対象地域の間で淡水資源へのアクセスのしやすさや適応力の指標化を提案し,特に脆弱な地域を明らかにしました.さらに,気候変動影響の顕在化によって,この問題が深刻化すると,環境難民化のリスクが高まることを予測し,淡水資源の確保や堅牢な社会経済の構築に向けた施策の重要性を提案しています.Rakibさん,おめでとうございます.
Rakiba, M. A., Sasaki, J., Matsuda, H. and Fukunaga, M. Severe salinity contamination in drinking water and associated human health hazards increase migration risk in the southwestern coastal part of Bangladesh. Journal of Environmental Management, 240, 238-248, 2019. DOI(2019年5月22日までこちらから無料で読めます)