当研究室D3のLiuさんの以下の論文が国際誌Scientific Reportsに掲載されました.非構造格子有限体積法海洋モデルFVCOMを用い,気象再解析データと台風モデルを適切に組み合わせ,計算領域を十分広範囲に採ることで,東京湾における高潮の再現精度が向上することを示した論文です.Liuさんおめでとうございます.
Liu, F. and Sasaki, J. Hybrid methods combining atmospheric reanalysis data and a parametric typhoon model to hindcast storm surges in Tokyo Bay, Scientific Reports, Vol. 9, Article number: 12222, 2019. DOI