当研究室博士課程学生Rakibさんらによる以下の論文が国際誌Chemosphereに採択されました.バングラデシュの南西部沿岸域において,地下水の水質調査と住民へのアンケート調査,行政等へのヒアリング調査を行い,地下水の塩水化とそれに付随する地下水汚染リスクが飲料水の脆弱性を高めていることを明らかにした論文です.Rakibさん,おめでとうございます.
Rakib, M.A., Sasaki, J., Matsuda, H., Quraishi, S.B., Md. Juel Mahmud, Md. Bodrud-Doza, Atique Ullah, A.K.M., Fatema, K.J., Md. Asif Newaz and Bhuiyan, M.A.H. Groundwater salinization and associated co-contamination risk increase severe drinking water vulnerabilities in the southwestern coast of Bangladesh. Chemosphere, 246, 125646, 2020. DOI
2020年2月14日までこちらのリンクから無償で読むことができます.