東京湾再生官民連携フォーラムから東京湾再生推進会議に対し,「マコガレイ産卵場の底質改善に関する提案」がなされました.2016年2月24日には国土交通省WEBにてプレス発表もされました.この提案は同フォーラム下に設置された生き物生息場つくりプロジェクトチーム(生き物生息場つくりPT)で作成したものです.提案書の作成は,官民の熱意あるPTメンバーのご尽力と事務局みなと総研のご協力なくしては不可能でした.この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます.

内湾水環境の再生に関して,このような実質的な形での官民連携による検討は,我が国では過去に例がないと聞いております.それぞれの行政部局にはそれぞれのミッションがありますが,今回の提案は各行政部局の境界に位置するテーマについて,各行政部局を含む官民連携の下での協力により,新しい環境再生事業の展開を目指すものです.提案の具体化には今後様々なハードルがあろうかと思いますが,賛同者,支援者を増やして一層の協働をすすめ,事業の実現に向けて努力して参りたいと存じます.

生き物生息場つくりPTでは2016年3月から上記の提案のフォローアップや新たな提案に向け,第2期の活動を開始致します.是非ご支援頂けますと幸いです.

東京湾再生官民連携フォーラム 生き物生息場つくりPT長 佐々木 淳(東京大学教授)