九州大学スーパーコンピュータITOのサブシステムAにおいて,netcdf-3.6.3をIntelコンパイラでビルドした備忘録です.netcdf-4.1.2のビルドはこちらにありますように,うまくいきませんでした.

netcdf-3.6.3の入手

netcdf-3.6.3はこちらからダウンロードすることができます.適当なディレクトリで展開します.

tar xf netcdf-3.6.3.tar.gz

環境変数の設定

Intelコンパイラでビルドするための環境変数を設定します.一時的に.bashrcに書き込み,$ . .bashrcで反映させればよいでしょう.

$ export CC=icc
$ export CXX=icpc
$ export CFLAGS=-O3
$ export CXXFLAGS=-O3
$ export F77=ifort
$ export FC=ifort
$ export F90=ifort
$ export FFLAGS=-O3
$ export CPP='icc -E'
$ export CXXCPP='icpc -E'

netcdf-3.6.3のビルド

準備が整いましたので,ビルドします.インストール先はホームディレクトリ以下の./local/netcdf-3.6.3-intelとしました.

$ cd netcdf-3.6.3
$ ./configure --prefix=/home/usr1/account/local/netcdf-3.6.3-intel
$ make
$ make check
$ make install

以上で,完了です.FVCOM等で利用するときは,以下のようにnetcdfライブラリを指定します.

IOLIBS       =  -L/home/usr1/account/local/netcdf-3.6.3-intel/lib -lnetcdf
IOINCS       =  -I/home/usr1/account/local/netcdf-3.6.3-intel/include