Google ChromeをWSL(Ubuntu 16.04) on Windows 10 Proにインストールします.方法がわからず苦労しましたが,こちらのページを参考に成功しました.

gdebiのインストール

最初に,gdebiをインストールします.

$ sudo apt install gdebi

Google Chromeのダウンロード

次に適当なディレクトリ(例えば,~/src/)において,wgetでGoogle Chromeを取ってきます.

$ wget https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_amd64.deb

Google Chromeのインストール

Google Chromeを取ってきたディレクトリで以下のようにインストールします.

$ sudo gdebi google-chrome-stable_current_amd64.deb

Google Chromeを起動する

Google Chromeを起動するには,X-Windowを開き,実行するのが簡単です.WSLではあらかじめX-Windowをセットアップしておく必要があり,こちらのページにまとめてあります.
WindowsでXcVsrvを起動しておき,次のようにX-Windowを起動します.

$ lxpanel

lxpanelのメニューから下図のようにInternet → Google Chromeをクリックし,Google Chromeを立ち上げます.初回起動時に,Google Chromeを既定のブラウザとするか聞かれますので,そのように承諾します.こうすると,Jupyter Notebookを起動したときも,Google Chromeが自動的に立ち上がるようになります(Google Chromeをインストールする前はFirefoxでした).