講演や兼業で副収入がある場合,確定申告が必要になる場合があります.その際の留意事項をまとめました.

「給与所得が1か所の方」ではなく,「左記に該当しない方」を選ぶ

申告書等の作成において,「給与所得」を選択し,源泉徴収票に従って入力する.その際,社会保険料等の金額,地震保険料の控除額等も入力する.所得控除の額の合計は自動計算されるもので,入力しない.

「もう1件入力する」をクリックし,他の給与所得についても源泉徴収票に従って入力する.

「報酬」は雑所得になる.

雑所得を【収入金額等」の「雑」の「その他」において入力

最後の氏名等の入力欄に「屋号・雅号」がありますが,サラリーマンは空欄にしておきます.