メモリ割り当ては2GBとした(全メモリは8GB).インストールオプションとしてはデスクトップを選択した.vmware toolsをインストールしなくてもカーソルの行き来やXGAなどが自動的に使えるようになったが,共有フォルダ機能を有効とするため,vmware toolsもインストールした(すべてデフォルトでOKだった).Dennou RubyのScientific Linuxのリポポジトリは6.0用しかなかったので,$***を6.1に書き換える.また,一括インストールにはgphysをインストールすればよい.

  • # yum install gphys   # gaveは存在しないようである.また,dclpsfont等のpslibはcdclpsfontのようにcを付加すれば使える
  • # yun install GMT   # GMTのインストール
  • # yum install GMT-coastlines-all    # GMT用の海岸線データをすべてインストールする
  • # yum install gv
  • # yum install ps2eps

eps2pngのインストールは手作業になるが,ここと同様にできる.